世界と手を結ぶ

1月15

医療の世界で頑張っている医師や看護師によって、患者を社会復帰に導いていきます。医療人はいつの時代においても必要になってくるものですが、医師不足がひとつの社会問題となっていることから、その社会問題の解決の一翼を担うという使命感を奮い立たせていく方がいるのだと感じます。医師を目指している方の中では、医療の仕事を通して世界を股にかけていくような生活を送ることを夢見ているのかもしれません。医療に特化した学会が海外で開催される場合に日本を発つことが往々にしてありますが、日本では習得が叶わない医療の知識や技術の習得を実現させるためには世界の人たちと手を結ぶことが不可欠となるのです。

日本で名医と呼ばれている医師は、海外で自分よりも技術を持っている医師に会いたいと思うのではないでしょうか。自分には備わっていない高度な医療技術を吸収していこうという気持ちから、より多くの患者を救い出したいという気持ちへと発展していき、世界で活躍している医師と手を結ぶことが、今後の医師生命の継続につながっていくのだと考えられるのです。人の命を救うために医療の発展が不可欠となり、その発展を後押しする医療の卵が一人前の医師として医療の分野に携わることで、後に患者となって苦しむであろう多くの患者の生命の危機から脱していくための助力を担うことになるのです。日本と海外の医療が繋がることによって、お互い見えなかった難点にも気付くことができ、すべての人によりよい医療を届けることができるようになるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*