休職からの復帰

1月15

体勢を立て直そうとして、看護現場から一線離脱をされる看護師がいると思います。休職している中で、復帰の機会を窺っている方は少なくなく、健康を取り戻すための体調管理をして着実に前進していることを実感することで、復帰するまでの期間が身近くなっていることを感じ取るのではないでしょうか。復帰が叶う日が来るまで一日一日を大切に過ごしている中で、以前看護現場で精力的に活動していた自分の姿を想像していることでしょう。あの頃の自分に戻るために我慢の日々を乗り越えていき、輝かしく働いていた自分の姿を取り戻すために、自分自身と向き合うことが大切だと感じる方は多いのではないかと考えられるのです。

見事病院への復帰を果たした看護師は、「休職をしていた自分のためにみんな頑張ってくれたんだから、今度は私がみんなのために力の限り尽くしていくべきなんだ」と思いを胸に留め、それがみんなへの恩返しになって絆を深めていくことになると思い、休職前以上に仕事に専念するでしょう。困っている人が居たらみんなで支え合っていこうとする協調意識こそが社会人の鑑であり、復帰した方を温かく迎え入れる同僚や上司の配慮が必要になっていきます。それを実践することで看護現場での連帯感が生まれていき、人とのつながりの大切さを再確認していくようになると思うのです。復帰をきっかけに看護現場で心地良い風が吹き込んだかのように雰囲気が変わっていくと考えられて、その風が看護師たちを優しく包み込んでいくのではないでしょうか。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*