やりがいを見つける

2月17

看護師がやりがいをなくして職場を辞めてしまうケースは少なくありません。巷の転職の理由ランキングでも常に上位に結果が出ています。一旦無くしてしまったやりがいでも、転職で取り戻せることもあるはずです。その場合、気をつけるべきことはどんなことなのか、注意点を考えてみましょう。
看護師の間では、人間関係よりも仕事にやりがいを感じられるかどうかが継続への意思に繋がるように感じます。なかなか希望が通らない状況が続くとその仕事を続ける意欲が削がれてしまいます。資格を活かして働こうと考えているにも関わらず、その資格を活かせずやりがいを感じないとなると勤務を続けるのは難しくなります。では、自分が希望する診療科や配置にこだわって働こうと考える場合の転職には、どのように気をつければよいのでしょうか。あくまで診療科にこだわる場合は、異動がそう多くない中規模の個人病院などがおすすめです。総合病院や医科大学付属などの大きな病院では、看護師をオールマイティーな状態にするため、数年で部署の異動が命ぜられるケースが多いです。ですが、中規模、小規模の病院や施設になると、最初から配置した看護師をその道のエキスパートに育てる傾向にあるため、あまり部署の異動がなく、希望の診療科にいられる可能性が上がります。ただし、勤務形態や福利厚生は大きな病院とは異なるため、転職の際には条件をきちんと把握してから復職を考えるようにしましょう。前職が大きな病院や施設だった場合、時給の違いに驚くこともあります。給与を取るのか、働きがいを取るのかの2択を迫られることもあると考えておきましょう。

やりがいを求める場合、どのような勤務形態でそれを感じるのかも休職中に考えておくといいでしょう。長い時間勤めなくても、希望の診療科や外来につければそれでよいと考えている場合は、常勤ではなく日勤や、夜勤なしで個人のクリニックなどへ転職するという方法もあります。家族とのバランスを取りながらの復職を検討しなければならない場合は、やりがいを考えつつこちらも考える必要があります。働く意欲に対して前向きに捉えてくれる病院や施設はきちんとあり、看護師の希望をかなえるべく環境整備に着手している病院もあります。大きな病院でも、それほど異動がない場合も考えられるので、問い合わせの際に異動のペースがどの程度なのか確認してみてもいいでしょう。

初心に帰ってやりがいを取り戻したい場合は、環境をガラリと変えてしまうのも手です。オススメなのは離島医療。豊富な自然や海に囲まれたリゾート地のような場所で看護の仕事に励むだけでも心身共にリセットされるでしょう。特に離島は高齢化などの問題で人材不足が深刻で看護師の求人は常に募集されています。過疎化が進む地域を手助けしようとする気持ちも、きっとやりがいに繋がるのではないでしょうか。

看護師としてのやりがいを感じる場面が、いつ、どんなところなのかは個人差があります。自分が1番活き活きと働ける場所が見つかることが、復職に際し、転職が必要になった時の1番の考えどころです。どこででも得られるやりがいなのか、または専門的な分野でのやりがいを求めるのかによっても、転職の方法に違いがあることを踏まえて考えてみましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*